尼崎市塚口町むらうち歯科クリニック 10月14日 定政

尼崎市塚口町むらうち歯科クリニックの定政です。

先日は、大森塾で「インプラントの在り方」のお話を聞いてきました。

インプラント治療というのは大変素晴らしい治療です。

やむを得ず、歯を失ってしまったり、初めから永久歯が生えてこない方の場合など、天然歯に近い感覚で咬むことができる良い方法です。

他にも隣の歯を削らなくて済む。入れ歯を使用しなくて済む。奥歯の噛み合わせをしっかりつくることができる。などメリットはとても多くあります。

大変素晴らしい治療であることは、間違い無いと思うのですが、インプラントをただ入れれば、はい終了、ずっとこのまま咬めます。というわけにはません。

インプラントは、天然の歯と同じように歯周病になります。これをインプラントの場合は「インプラント周囲炎」と言います。

適切に歯周病の治療を行なって、適切に歯周病の管理をしていれば、インプラント周囲炎になることは無いのですが、そういう治療が行われていないこともあるのが現状です。

当院では院長が歯周病学会専門医ということもあり、歯周病治療に力を入れていますので、しっかり歯周病治療を行なって、インプラント治療を行なっています。

インプラントは正しく使用すると、大変有用な治療法ですので、これからもしっかり理解、管理、使用していきたいと思います。

スタッフコラムの最新記事