尼崎市塚口町むらうち歯科クリニック フッ素について

尼崎市塚口町むらうち歯科クリニックの北條です。
今回はフッ素についてお話しさせて頂きます。

皆さま「フッ素」をご存知ですか?
フッ素には脱灰の抑制、再石灰化の促進、虫歯菌の酸産生の抑制、歯質強化などの力があり、
フッ素なしでは虫歯予防は難しいと言われているほど、虫歯予防にはフッ素が必要不可欠です。
そのフッ素をうまく活用し、虫歯を予防する方法としてオススメの方法を2種類ご紹介します。

*イエテボリ法
フッ素入りの歯磨き粉を使う方法です。
販売されている歯磨き粉のほとんどはフッ素が配合されているのですが、歯磨き粉の裏面の成分表示をチェックして下さい。「フッ化ナトリウム「や「モノフルオロリン酸ナトリウム」と表示があれば配合されているものです。

①フッ素入り歯磨き粉を約2cm歯ブラシにつける。
②いつも通り歯磨きをする。
③うがいを約10mlの水(ペットボトルのキャップ1杯分)で30秒する。歯磨き粉は吐き出さない。
④2時間飲食を控える。

この方法で歯磨きをすると歯磨き粉がお口の中に残るのですが、あえて残すことでフッ素が取り込まれるので、効果があるのです!

*フッ素洗口液
専用のフッ素が配合された洗口液でうがいをする方法です。
フッ素洗口液は市販で見かけることは少ないので、歯科医院で購入するのがオススメです!

①洗口液を計量カップで計量し、口に含む。
②30秒間ぶくぶくうがいをする。
③吐き出す。
④30分間飲食を控える。

上記のような方法は毎日コツコツを積み重ねていくことがとても大切です。また、3〜4ヶ月に1回歯科医院で濃度の高いフッ素を塗ることでさらに虫歯を予防できます。

フッ素配合の歯磨き粉や、フッ素洗口液は当院でも販売しておりますので是非お試しください。
また、定期的にメインテナンスにもお越しくださいね。お待ちしております(^ ^)

スタッフコラムの最新記事