その他の入れ歯

ミリングデンチャー

入れ歯は、歯周病などで失ってしまった歯の機能を回復するために重要な役割を果たしています。しかし、その入れ歯の噛み合わせが悪く、不安定なものになると、十分にその機能を果たすことができなくなります。
入れ歯は粘膜や、顎、骨などにとっては口の中でしっかりと固定されるものが良いとされている入れ歯になります。
ミリングデンチャーは、入れ歯本体だけではなく、入れ歯を固定する差し歯の部分から設計を行うため、口腔内をトータルに考えられた入れ歯と言えます。そのため、残りの歯には負担をかけることはなく、しっかりと安定します。入れ歯がしっかり安定することで食べ物もよく噛むことが可能になります。
そしてさらに、入れ歯の維持装置にバネを使用しないので見た目にも優れています。

コーヌス義歯

残っている歯に冠をかぶせ、部分入れ歯に連結した冠をその上から2重にかぶせます。残っている歯を削らず、摩擦力を利用して部分入れ歯が落ちないように工夫しています。

しっかりフィットするのでガタつきがありません。そのため、従来の入れ歯より噛みやすく、また、見た目にも自然で入れ歯だとわかりにくいというメリットもあります。

せっかく治療した歯も、なるべく長持ちさせたい。きっと、そう言うお思いの方がほとんどだと思います。そのためにも、被せ物や義歯などの素材は耐久性があり、アレルギーの心配がない良質のものを選ぶことが大切になります。

アタッチメント

義歯と残っている歯のそれぞれにアタッチメント装置維持装置)を取り付けます。残っている歯の根っこには磁石を吸着させる金属(キーパー)を接着し、入れ歯には磁石を埋め込むことで歯と義歯を一体型にした精密義歯のことです。使用するのは小型磁石ですが、強力な吸着力があるので、安定性が高い入れ歯になっております。そのため、入れ歯がずれたり、外れたりすることがなく噛む能力も向上します。
一般的なレジン(歯科用プラスチック)の入れ歯はクラスプ(バネ)で固定をします。

しかし、それだけでは不安定なためレジン部分を大きくすることで安定性を保つ、といった作りになっています。安定性を確保のためにレジンを大きくするすると、違和感は強く、発音や食事が難しくなります。

アタッチメント義歯は小型化することが可能なので、快適で、審美的に優れた義歯です。
アタッチメントには様々な種類があります。そのため、種類や設計によって治療費も変わります。アタッチメント義歯をお考えの方は、お近くのスタッフにお声掛けください。