歯周病専門医による歯周病治療

歯周病の治療は保険適応で全国の歯科医院で日常的に行われています。
歯が揺れるなど、重度に進行した歯周病の歯を残す治療は特殊なものになります。まず、歯周病で少しでも歯を残したいとお考えであれば、歯周病治療に力を入れている、日本歯周病学会の歯周病専門医を受診するべきです。
軽度な歯周病であれば、近いなどの利便性で選ぶのも良いと思います。
歯周病治療は保険適応で、ほとんどの歯科医院で治療が行われています。
しかし、重度の歯周病や特殊な歯周病(30歳以下で骨が溶けている)は診断と治療がむずかしいので専門医を受診したほうがいいでしょう。

また、歯を残しながら治療したい、歯をなるべく残したいという方も、少しでも歯を残せる可能性が高い歯周病専門医のいる歯科医院がよいのではないでしょうか?
日本歯周病学会専門医として培ってきた専門知識と最先端の歯周再生療法を生かしながら、 歯肉、歯槽骨の手術など高度な治療の提供を行っていきます。得意治療は骨を作る再生療法(エムドゲイン、GTR法)、 悪い組織を切り取る切除療法(保険適応)、歯肉の移植などがあります。しかし、手術が怖いという患者さんには歯周内科 (薬やレーザーなど痛みがほとんど出ない治療)も行います。手術には手術の利点欠点があり、歯周内科などの治療も その治療なりの利点欠点があります。どちらが本当にその方に適しているのか、説明した上で、ひとりひとりに合わせた治療を提供します。

さらに詳しい歯周病治療に関してはこちら!

歯周病専門サイト