むし歯に関して 尼崎市塚口町むらうち歯科クリニック 

 

尼崎市塚口町むらうち歯科クリニック

テーマ:病因 担当:久原

むし歯とは細菌が糖を餌に酸を作り出し歯を溶かしていく病気です。

私達の口の中には沢山の菌が存在しています。飲食物に含まれている糖をむし歯菌(主にミュータンス菌)が栄養にして歯の表面にネバネバしたぬめり=バイオフィルムを作り出します。そのバイオフィルムに細菌が住み着きどんどん増えていくと歯垢(プラーク)が形成されていきます。

そうすると、むし歯菌は糖を摂取して酸を作り出し歯の表面から歯の成分であるカルシウムとリンを溶かしていきます、これが脱灰です。
ここで重要になってくるのが、むし歯菌の活動を抑えたり、脱灰した歯を再石灰化し修復してくれるのが常に分泌されている唾液です。

ダラダラと食べ続けたり、お茶や水の代わりに砂糖が入っているジュースやコーヒーなどを飲む事が多かったり、唾液の分泌量が少なかったりすると脱灰と再石灰化のバランスが崩れ、むし歯になってしまいます。
特に乳歯や生えたばかりの永久歯は酸に弱いのてより注意が必要となります。

また、せっかくむし歯を治療しても「治療したから大丈夫」と安心して歯磨きがきちんと出来てなかったり、合いの悪い詰め物や被せ物をしていると、細菌の住処になりやすく再びむし歯になってしまう原因となります。

担当:山田

テーマ:ミュータンス菌

 

虫歯菌の代表ともいえるミュータンス菌ですが、この悪玉菌が生まれたばかりの赤ちゃんの口にはゼロで、乳歯の奥歯が生える頃に周囲の大人の唾液を介して感染することが明らかになっています。

両親がミュータンス菌をたくさん持ってると、離乳食を与える際などに唾液を介して感染し、ミュータンスが多い=虫歯になりやすい子どもになります。

とにかく少しでも子供のむし歯リスクを減らすためには子育て中の両親は、子どもの虫歯予防のためにも、自分たちのミュータンス菌を減らさなければなりません。そして感染経路を出来るだけ絶つ。可愛いからってチューなんてもってのほかです。

ミュータンス菌は質の悪いことに一度口の中に住み着いてしまうと完全に除去することはできません。だから最初の感染予防がまず大事。

もうミュータンス菌に感染してしまっているのか…と心配な方は唾液検査で簡単に調べることが出来ますので自分のリスクを知って予防をするうえで知っておいてもよいのではなかと思い餡巣。

虫歯の原因となるミュータンス菌はバイオフィルムという細菌のかたまりの中に住み着きます。バイオフィルムはプラーク(歯垢)と同じく細菌のかたまりですが、バイオフィルムは歯磨きでは落とすことができないため、歯医者で行うクリーニングで除去してもらう必要があります。歯磨きさえしてればと思っているかもしれませんが、お口に住み着いたミュータンス菌は除去することは出来ません。

ミュータンス菌は食事のたびにそこから栄養を貰って酸を出し、歯を溶かしていきます・・・。食生活もミュータンス菌が虫歯を作り出すうえで取っても大きな役割があるのです。

 

テーマ:唾液 担当:南

唾液は99.5%が水分です。唾液のpHは平均6.8(中性に近い弱酸性)ですが、唾液の量が多いほどpHは高くなります。
唾液の分泌量は1日1.0~1.5Lですが、安静時では1時間当り平均19mLであるのに対して、睡眠時には1時間当り平均2mLと少なくなります。つまり睡眠時は唾液の役割が期待できません。
そのため、夜の歯磨きは非常に大切になります。

また、みなさんは唾液にはたくさんの役割があるのをご存知ですか?
例えば
再石灰化作用…脱灰して歯の表面から溶け出したミネラル分を再び歯に戻す働き。
緩衝作用…食事を摂ることにより酸性に傾いたお口の中を中性に戻す働き。
抗菌作用…さまざまな抗菌物質により細菌の発育を抑制する働き。
自浄作用…お口の中を洗い流す働き。

その他にも消化作用、保護作用、潤滑作用などがあります。

特に再石灰化作用や緩衝作用はむし歯において重要な役割を果たしているので、唾液の量が少ないとむし歯のリスクが高くなります。

唾液の分泌量を増やすには、よく噛むことです!
普段のお食事でよく噛んで食べることをこころがけましょう。

当院ではむし歯のリスクを知るために唾液検査を実施していますが、そこでは唾液の量や質について調べています。
むし歯のリスクだけでなく、ご自身の唾液についても知ることができるのでおススメです。

 

スタッフコラムの最新記事