虫歯Q&A

Q.毎日歯磨きをしっかりとしているのに、むし歯になるのはなぜですか?

A.むし歯になりやすさは個人差があり、むし歯の原因となる細菌の量が多かったり、唾液の分泌が少なかったり、間食や夜食などが多かったり、糖分をとりすぎていたりするとむし歯になりやすいです。定期的に検査を受けていただき、むし歯を予防していただくことが肝心です。
また、歯を適切に磨けていない可能性もありますので、一度ブラッシング指導なども受けに来院いただければと思います。

Q.むし歯が自然に治ることはあるのですか?

A.むし歯は自然に治ることはありません。但し、痛みを感じない初期のむし歯の段階であれば、唾液に含まれるカルシウムなどの成分が、歯に付着することにより、歯が再石灰化し、むし歯ではなくなることがあります。
しかし、初期のむし歯も、そのまま進行してしまう事が多いので、できるだけ定期健診を受けていただくことをおすすめします。

Q.妊娠中ですが、歯の治療を受けることができますか?

A.一般的に妊娠初期・出産前は、抜歯などの大きな歯科治療は好ましくありません。安定期は投薬など制限がありますが、抜歯なども可能です。出産後もしばらくは歯科への通院や治療ができないので、治療をどこまでするのか、体調に応じて相談することが大事です。
妊娠中はホルモンバランスなどの関係で、歯茎など口内の状態が通常時に比べ悪くなりがちです。しかし、口内の状態が悪いと、赤ちゃんにも両親の虫歯菌などが感染してしまいますので、妊娠中の内に、歯のメンテナンスなど、しっかりと治療を行っていただき、できるだけ口内をきれいな状態にしていただく事をおすすめします。

Q.フッ素って何ですか?

A.自然の中に広く分布している元素の1つです。歯を強くし、初期のむし歯を修復したりむし歯菌が酸を出すのを抑制する働きがあります。

Q.歯の治療はなぜ通院回数が多くなるのですか?

A.当院ではなるべく回数を少なくするために努めています。具体的には以下のことを心掛けています。

● 2本以上まとめて、出来るところはまとめて治療する。
● 回数がかかる根の治療を最新機器を使用し、これまでの倍以上のスピードで終了出来る様にしていきます。
● 土台の作製を直接法が可能であれば、2回かかるところを1回にすることができます。
● 初めに計画をしっかり立てるので、どうすれば1回でも少なく出来るかと考えて治療を行っています。但し、手抜きや質を落として回数を減らすことは出来かねます。
● 必要な事はちゃんとお伝えしますので御協力をお願いします。

Q.歯石除去に痛みはありますか?

A.軽度の歯石沈着や定期クリーニングは痛みがありません。
痛みが出にくい様に最新のレーザーによる除去、表面麻酔(塗る麻酔)を使う事が多いです。重度の歯周病の方は麻酔下で行うこともありますが、痛みが出ない様に配慮しておりますので、歯石除去でもし痛みを感じれば遠慮なくおっしゃってください。