セラミック治療

セラミック治療とは

im_inセラミック治療とは虫歯や事故など何らかの要因により歯の一部が損なわれてしまった際に、その部分を補うために替わりに材料を詰めたりかぶせたりしますが、その欠損部分を補う素材をセラミックで行う治療の事を指します。

以前は、こういった欠損を補う場合は銀歯や金歯など、金属が用いられることがほとんどでした。 しかし、最近では銀歯や金歯では印象が好ましくないという理由から、白い材料で歯を治療したいというニーズが高まり、セラミックが選択されるようになりました。 また、金属を使用した古い差し歯などでは、治療物と歯茎の間が黒っぽく変色してくる場合があります。 これは金属がイオン化して溶けだしたり、隙間が開いて金属が見えてしまう為起こる物です。

オールセラミックで行った治療の場合は、このように治療物と歯茎の間に黒ずんだラインが出来る事はなく、そう言った面からもセラミックが選ばれる理由となっています。 また、金属の場合人によってはアレルギー症状を引き起こされる場合があります。 その他にも、昔の銀色の詰め物は、水銀が交ぜられたアマルガムという物質の可能性があるなど、金属製では人体に影響を及ぼしてしまう場合があります。

セラミックを使用した場合、このような影響を避けることが出来る為、セラミックを選択するという方も増加しています。 

差し歯

「差し歯」は人によってイメージが様々なので、解釈を広げておかないと、よく誤解を生んでしまう歯科用語です。特に歯医者に縁のない患者さんなどは、部分入れ歯を「差し歯」と思われている人もいるくらいです。

「差し歯」はこういうものですという正式な定義はないのですが、ここで言う「差し歯」とは歯の根っこだけでも残っているとき、それを利用して上に歯を作る処置を「差し歯」として考えて下さい。

要は歯の一部がなければそこに「差し歯」はできません。また歯があっても割れていたり、十分な長さが残っていなかったり、虫歯がひどかったりすれば、「差し歯」はできません。歯の根を利用して、文字通り釘のようなピンを差し込んでセットする歯が差し歯です。

差し歯の構造

治療方法は、神経を取り除く処置をした歯に(歯の神経を取る治療の項目参照)、芯となる金属、あるいはプラスチックの土台(コア)を立てて補強し、さらにその上に人工の歯(クラウン)を被せるという処置になります。つまり、歯の根・土台・被せる人工の歯の3つで構成されます。20年位前はこの土台と人工の歯が一体となったものも見かけましたが、今ではあまり見かけなくなりました。

良い差し歯とはどんなもの?

患者さんの言う「良い差し歯」治療とは

1. 治療が早く終わること
2. 痛くないこと
3. 見た目が良く噛めること

この3つが患者さんの満足度に最も要求されるものであると思います。これらの要件をみたす治療は、それこそ保険治療であっても、完成時点では問題なく十分期待に応えることは難しくないと思います。

では私が考える「良い差し歯」治療とはどういうものなのかと言いますと、

1. 外れないこと
2. 歯周病になりにくい形態であること
3. 繰り返し作り直せること
4. 機能を考慮した見た目の良さと、噛み心地の良さが備わっていること

この4つは最低満たしておきたい要件だと考えています。
患者さんの言う「良い差し歯」の3項目と大きく違うのは、目先の利点だけに終わる治療ではなく、将来的な利点を踏まえている点です。

同じ人であっても、若い時と老いた時では体の状態は違います。一生同じ状態などと言うことは決してありません。極端な話、分単位で全身の細胞にも入れ替りの変化があるでしょう。一年経って同じ状態での人工物で本当に良いのだろうか、と考える方が自然なことなのではないでしょうか。ましてや一生不具合がないと考えることの方に無理があると私なら考えます。

だからこそ出来るだけリスクを排除し、最悪の時には作り直すことも想定して製作しなくてはならないのです。特に私が考える「良い差し歯」の3番目の項目が欠けている治療はとても多く見られます。患者さんはまず気がつきませんが、外れないようにするため土台(コア)を強固にしすぎるのです。余談ですが、インプラント治療にも、この繰り返し作り直せるという発想が大いに欠落しています。

もちろん適切な診断と根管治療などを含む基礎工事がしっかりしていることが、良い差し歯を入れる大前提にあります。もし良い差し歯を入れても、土台が悪くなって歯を抜くなんてことになれば、差し歯自体の価値はなくなるでしょう。歯が残っていてこその差し歯なのです(歯の根っこに溜まった膿を治す治療)。

自由診療であれば、さらに劣化しにくい、最適な材料を使い、よりオーダーメイドに仕上げることができるので、さらに細かいところにまで最高の技術が生かされるでしょう。

当医院で、良い差し歯を作るための治療時間は実際には短くないのですが、患者さんの納得があれば、適正な時間だと感じていただけると思います。

日常での見た目の良さと快適性を追求

h2_08_img01患者さんが一番関心を持っていることは、やはり「見た目の良さと噛む快適性」ですので、ひとまず希望の形、並び、色などをお話下さい。

その声を忠実に再現し仮歯を製作します。さらに何度も何度も修正を加えて、患者さんと歯科医師・技工士がより納得のいく形態に作り上げていきます。

必ずしも、きれいな歯並びばかりを患者さんが好むとは限りませんので、こちらからも積極的にご提案させていただくことにより、患者さんにもより自分の歯並びに関心をもっていただくよう工夫いたしております。手間ひまかけて作る仮歯こそが、実は自由診療で製作する「差し歯」の価値だと知ってください。前述した「良い差し歯」の1~4の項目に加え、さらに細かい部分までなんども吟味して製作します。

治療をしていただくにあたり、基礎工事もしっかり診断させていただいております。実際の細かい部分の工夫やその価値は当医院にお越しいただければ、もっと詳しく理解していただけると思います。